2005年10月28日

東京バレエ団『ベジャール=ディアギレフ』

第48回大阪国際フェスティバルと同演目の東京公演の詳細が発表になりました。
明日が大阪公演の一般発売なので、ギリギリですね。私は大阪の「ディアギレフ・プロ」のチケットだけ、とりあえず取ってしまいました。ところが、問題発生。大阪の「ギリシャの踊り」には首藤さんがキャスティングされているようですが、NBSのサイトでは首藤さんの「ギリシャの踊り」については触れられていないんです。東京では踊らないということでしょうか?大阪を2日間見に行くのは、たぶん無理。「ベジャール・プロ」のチケットを取ればよかったかも…。
東京では、両プログラムそれぞれ2日間上演します。チケット代が違うのは、オーケストラとテープの違いでしょうか?(会場も違うけど)。東バ好きの私としては、今からキャストを考えてワクワクしてしまいます。「ボレロ」は、後藤さんか高岸さんで見たいな〜。「薔薇の精」は木村さんか大嶋さん♪

そして、明日は『M』です。
大嶋さんの聖セバスチャンも、小出さんの海上の月も、とっても楽しみ♪
明日の会場で、『ベジャール=ディアギレフ』のチラシは配られるかしら?そういえば、3月の友佳理さんとフィーリンの『ジゼル』も、完成チラシをまだ見ていないです。こちらは東京公演はないのかしら?一般発売は11月1日だというのに…。NBSさんも東京バレエ団も、情報がちょっと遅いんですよね〜。仕方のないことなんだろうけど…。
posted by uno at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | バレエ日記2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする