2020年07月11日

東バ『ドン・キ』【浜松公演】名古屋クラシックフェスティバル/他、中止公演。

東バの『ドン・キ』【浜松公演】が中止になりました。9月30日(水)にアクトシティ浜松で公演が予定されていて、キャストは東京と同じく、川島さんから秋山さんに変更になっていました。そうか〜、中止か、、、。追って東バから、7月10日現在、東京公演は開催にむけて準備を進めているというアナウンスが出ています。

【公演中止】東京バレエ団『ドン・キホーテ』浜松公演

2020年9月30日18:30
会場:アクトシティ浜松 大ホール


そして、<第38回名古屋クラシックフェスティバル>が中止になりました。ラインナップに入っていた、2021年1月9日のキエフ・バレエ『ドン・キホーテ』も中止です、、、。名古屋クラシックフェスティバルは、少しずつ公演が中止になっていたんですが、ついにフェスティバル自体が中止となってしまいました。フェスティバル自体の中止とはいえ、来年1月の公演まで中止になると、やはり不安になりますね、、。

【中止】第38回名古屋クラシックフェスティバル

2020年10月1日(木)〜2021年1月9日(土) 全8公演

2021年1月9日(土)
キエフ・バレエ『ドン・キホーテ』
会場:愛知県芸術劇場 大ホール
出演:オクサーナ・ボンダレワ、他


バレエではないんですが、アダム・クーパー出演のミュージカル『SINGIN’ IN THE RAIN〜雨に唄えば』が中止になっています。この公演、9月なんですよね、、、。この時期、まだ来日ものは難しいのかもしれません。もう一つ、ミュージカル『RENT』も中止が発表されています。『RENT』は3月の公演が中止になり、12月に延期公演を行う予定だったんですが、その12月の延期公演も中止とのこと。ボリショイ・バレエの大津と大阪の発売日も延期になったままだし、やはりキャストやスタッフが海外から来日する公演は年内は厳しいのでしょうか、、、。


毎年夏に公演を開催しているBALLET OFFICE JAPAN主催の『アーティスティック・バレエ・ガラ』も中止になっています。今年は5回目の記念公演になる予定だったんですね。来年の公演は、2021年8月21日(土)NHK大阪ホールで開催予定とのこと。

【公演中止】BALLET OFFICE JAPAN 第5回記念公演『Artistic Ballet Gala』

2020年8月8日(土)
会場:NHK大阪ホール

<次回公演>
『Artistic Ballet Gala』
2021年8月21日(土)
会場:NHK大阪ホール

posted by uno at 16:32| Comment(0) | バレエ日記2020 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月06日

第31回<バレエの祭典>ラインナップ発表。

第31回<バレエの祭典>のラインナップが出ました。そうか〜。もうそんな時期かぁ。

  第31回<バレエの祭典>シーズン・ラインナップ

<2021年3月中旬>
ハンブルク・バレエ団【2演目】
ジョン・ノイマイヤー振付
『アンナ・カレーニナ』、『バーンスタイン・ダンス』

<2021年4月下旬〜5月上旬>
ベジャール×ベートーヴェン『第九交響曲』【1演目】
出演:モーリス・ベジャール・バレエ団、東京バレエ団
指揮:梅田俊明
独唱:
  高橋維(ソプラノ)
  加藤のぞみ(メゾ・ソプラノ)
  城宏憲(テノール)
  今井俊輔(バリトン)
合唱:東京オペラシンガーズ

<2021年6月下旬〜7月上旬>
イングリッシュ・ナショナル・バレエ【2演目】
ルドルフ・ヌレエフ振付『ロミオとジュリエット』
アクラム・カーン振付『ジゼル』

<2021年8月>
第16回世界バレエフェスティバル【2演目】
Aプログラム/Bプログラム

<2022年3月上旬>
シュツットガルト・バレエ団【2演目】
マリシア・ハイデ振付『眠れる森の美女』
ケネス・マクミラン振付『うたかたの恋』

いや〜、楽しみなラインナップですね〜♪ そうか、もうバレエ・フェスのシーズンなのね。なんか、フェスティバルホールに全幕プロの『ドン・キ』を見に行ったのが、最近のことのような気がしているんですが(苦笑)。楽しかったな〜、アレクサンドロワとラントラートフの『ドン・キ』。
ハンブルク・バレエ団は『アンナ・カレーニナ』と『バーンスタイン・ダンス』。『バーンスタイン・ダンス』は、ガラ公演<ノイマイヤーの世界>や、昨年の『フェリ、ボッレ&フレンズ』で抜粋が踊られた作品ですね。全編見られるのは嬉しい。東京以外では、ロームシアター京都で『ベートーヴェン・プロジェクト』が上演されることが発表されていますが、それ以外に全国公演があるのか、気になるところです。
ENBはアクラム・カーン振付の『ジゼル』を上演。お〜♪ ついにこの作品が日本で! 心のどこかで、NBSはこの作品は持ってこないんじゃないかと思ってました。もう1演目はヌレエフ版『ロミオとジュリエット』。ENBはヌレエフ版なんですね〜。
そして、シュツットガルト・バレエ団はハイデ版『眠れる森の美女』とマクミランの『うたかたの恋』を上演。う〜そ〜、嬉しい〜♪ ハイデ版『眠り』を再び見られる日が来るとは!! 男性が踊るカラボスが格好いいんですよね〜♪ 3月に配信を見ましたが、もう一度見たいという想いは募る一方でした。『うたかたの恋』も嬉しい。日本で全幕が上演されるのは、2010年のロイヤルの日本公演以来ですよね。あのときは、日本での上演は23年ぶりとのことでした。今回はシュツットガルト・バレエ団ですが、12年ぶりの上演ということになりますね。
2021年8月のバレエ・フェスと、2022年3月のシュツットガルトの間が、結構空いてるんですね〜。

申し込みの受付開始は7月10日(金)から。

【会費】

バレエ・ロイヤル・シート(BRS)特別会員:509,000円
S会員:209,000円
A会員:184,000円
B会員:159,000円

【入会特典】
@第16回世界バレエフェスティバルのクラスレッスン見学会にご招待
AENB『ロミオとジュリエット』『ジゼル』いずれかの舞台稽古見学会にご招待


とっても楽しみなラインナップでワクワクしたんですが、無事に見に行けるかどうか、何気に不安です。6月から仕事復帰したものの、まだまだ元通りの収入には戻りません。いつ戻るのか、はたまたもう戻らないのか、何もわからないのが現状です。
posted by uno at 19:36| Comment(0) | バレエ日記2020 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月30日

東京バレエ団『ドン・キホーテ』、配役変更。

7月→9月に延期になった東バの『ドン・キ』に、配役の変更が出ました。キトリを踊る予定だった川島麻実子さんが足の怪我のため降板とのこと。え、、、。まだ3ヶ月あるのに降板って、、、。軽い怪我ではないということでしょうか。心配です...。川島さんは9月30日(水)のアクトシティ浜松の公演でもキトリを踊ることになっていたので(パートナーは東京と同じく秋元さん)、まだお知らせは出ていませんが、そちらも降板だろうな、と。因みに、浜松の『ドン・キ』は発売日が延期になっていて、一般発売が8月9日となっています。10月の『M』は大丈夫でしょうか。川島さんのヴァイオレット、見たいな、、、。
そういえば、川島さんは9月27日に世田谷クラシックバレエ連盟の『コッペリア』にも出演する予定だったんですよね。『ドン・キ』が延期になったことで、かなりなハードスケジュールになっていたんですね、、、。

川島さんの代役ですが、なんと秋山瑛さんとのこと。お〜! 子ども版『ドン・キ』では主演していますが、通常版ではキトリデビューということになりますね。私は今回の『ドン・キ』はチケットを取っていないので、秋山さんのキトリデビューを見られないのは残念。そういえば、延期公演のチケット発売は明日(7月1日)ですね。今は色々と余裕がないので、チケットは取れないな〜。
余裕があったら川島さんの日だけ見に行こうかな〜と思っていたら公演が延期になっていまい、じゃあ9月頃になって余裕ができたら、川島さんの日だけでも見に行けるかも、と思っていたんですが、まさかその川島さんが降板してしまうとは、、、。

<東京バレエ団『ドン・キホーテ』配役変更のお知らせ>

2020年9月26日(土)13:00
キトリ:川島麻実子 → 秋山瑛
バジル:秋元康臣


アクトシティ浜松のサイトには、まだ情報は出ていません。

世田谷クラシックバレエ連盟の『コッペリア』はどうなるでしょうか。
posted by uno at 18:08| Comment(0) | バレエ日記2020 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月29日

東京シティ・バレエ団、9月・12月の公演を中止。

8月に公演開催を発表した牧阿佐美バレヱ団、NBAバレエ団とは逆に、東京シティ・バレエ団は年内の公演中止を発表しました。ティアラこうとうで開催予定だった9月の『バレエ・コンサート』と関連イベント、そして12月に上演予定の『くるみ割り人形』が中止となりました。ティアラこうとうの利用条件をクリアできないのかな、と。その他諸々だと思いますが、現時点で12月の公演まで中止を決定しなければならないなんて、なんだかツラいですね、、、。

東京シティ・バレエ団 公演・イベント中止のお知らせ

9月19日(土)・20日(日)
『Tiara Ballet Days』『バレエ・コンサート』
イベント・公演 中止

12月19日(土)・20日(日)
『くるみ割り人形』
全日程公演中止

posted by uno at 17:19| Comment(0) | バレエ日記2020 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月27日

NBAバレエ団、8月に公演開催を決定。

牧阿佐美バレヱ団に続き、NBAバレエ団も8月に公演を開催することが発表されました。NBAバレエ団でしか見られない2作品を上演。席数は約50%で、前後左右を空席として1席おきの販売となります。映像のライブ配信も予定しているそうです。

■ NBA Ballet Grace&Speed
  〜ブルッフヴァイオリン協奏曲第1番/ケルツ〜

2020年8月23日(日)19:00
会場:所沢市民文化センターミューズ マーキーホール

S席:5,000円 A席:4,000円
with NBA先行発売開始予定:7月3日(金)10:00
一般発売開始予定:7月10日(金)10:00

『ブルッフ ヴァイオリン協奏曲第1番』
振付:クラーク・ティベット
音楽:マックス・ブルッフ

  ブルー:三船元維、峰岸千晶
  アクア:新井悠汰、竹内碧
  レッド:刑部星也、佐藤圭
  ピンク:飛永嘉尉、野久保奈央

『ケルツ』
振付:ライラ・ヨーク
音楽:アイルランド民謡

  グリーン:新井悠汰
  ブラウン:三船元維、関口祐美
  レッド:大森康正、竹田仁美

posted by uno at 15:16| Comment(0) | バレエ日記2020 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月19日

BS世界のドキュメンタリー『ダンスか死か アハマド・ジュデの日常』/他

NHK BS1の「BS世界のドキュメンタリー」で、『ダンスか死か アハマド・ジュデの日常』が放送されます。「選」とも「再」とも書かれていないので、初放送なのかな? 難民キャンプで生まれたという、シリア出身のバレエダンサー、アハマド・ジュデ。踊ることで人生を切り開き、現在は国際的に活躍する彼の激動の半生を描くドキュメンタリーとのこと。コスモポリタン日本版にインタビューがありました。2017年の記事なので、ちょっと前ですが、、。今回放送のドキュメンタリーは、2018年・オランダ制作です。

■ BS世界のドキュメンタリー『ダンスか死か アハマド・ジュデの日常』

【NHK BS1】
6月24日(水)24:00〜24:45


もう一つ、バレエ関連の放送予定を。こちらもNHKのBS1で、熊川哲也さん出演の番組があります。「○○押し!」という番組の、北海道の回のようです。

■ 北海道押し! 北海道道「道民の底力 わたしが乗り越えてきた”道”〜熊川哲也」

【NHK BS1】
6月25日(木)24:00〜24:25

posted by uno at 14:16| Comment(0) | バレエ日記2020 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月17日

【WOWOWシネマ】7月6日 映画『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』放送

WOWOWシネマにて、映画『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』の放送があります。7月のWOWOWはバレエの初回放送はないのね〜と思っていたんですが、楽しみが一つ増えました♪ いつも「バレエ」でワード検索しているので、バレエ関連の映画が引っかからなかったりするんですよね、、、。

WOWOWシネマ

映画『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』

2020年7月6日(月)18:45

posted by uno at 14:38| Comment(0) | バレエ日記2020 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月14日

【急遽開催決定】牧阿佐美バレヱ団『サマー・バレエコンサート2020』 

牧阿佐美バレヱ団が急遽8月に『サマー・バレエコンサート2020』を開催します。席数は50%。前後左右を空席とし、1席おきの販売となるそうです。第1部はパ・ド・ドゥやソロ、小品を中心に。第2部で上演する『角兵衛獅子』の第2幕は、なんと42年ぶりの上演とのこと。初演の際は主役の姉妹を大原永子さんと森下洋子さんが踊ったんだそうです。

当日はクロークは閉鎖。カフェも営業中止。ロビーでの水分補給以外の飲食はご遠慮くださいとのことなので、持ち込みもダメっぽいですね。ダンサーへのプレゼント、面会、出待ちも禁止です。
なお、GS席、SS席は、寄付金を含む金額となっています。チケットホルダーが付くらしいんだけど、どんな感じなんだろう。気になる〜。

■ 牧阿佐美バレヱ団『サマー・バレエコンサート2020』

2020年8月11日(火)17:00
会場:文京シビックホール 大ホール

<上演時間 約2時間(休憩1回含む)>

【第1部】
『ゴットシャルクの組曲』より
音楽:ハーシー・ケイ、ルイス・モロー・ゴットシャルク
振付:牧阿佐美

キャスト:菊地研、他

『カルメン』より カルメンの踊り
音楽:ジョルジュ・ビゼー、ロディオン・シチェドリン『カルメン組曲』
振付:牧阿佐美

キャスト:織山万梨子

『コサックの歌』
音楽:ロシア民謡
振付:ニコライ・アンドロソフ

キャスト:濱田雄冴、山本達史

『シェヘラザード』より パ・ド・ドゥ
音楽:ニコライ・リムスキー=コルサコフ
振付:ミハイル・フォーイン

キャスト:日有梨、ラグワスレン・オトゴンニャム

『ラ・バヤデール』幻想の場より
音楽:レオン・ミンクス
振付:マリウス・プティパ

キャスト:
中川郁、清瀧千晴
茂田絵美子、三宅里奈、佐藤かんな

『海賊』よりグラン・パ・ド・ドゥ
音楽:レオン・ミンクス
振付:マリウス・プティパ

キャスト:青山季可、水井駿介

『トリプティーク(青春三章)』
音楽:芥川也寸志(1953年作曲『弦楽のための三楽章(トリプティーク)』
振付:牧阿佐美

キャスト:米澤真弓、坂爪智来、他

【第2部】
『角兵衛獅子』第2幕
音楽:山内正
振付:橘秋子

キャスト:阿部裕恵、光永百花、他

GS席:15,000円(チケットホルダー付き/チケット代に寄付を含む)
SS席:10,000円(チケットホルダー付き/チケット代に寄付を含む)
S席:8,000円(チケットホルダー付き)
A席:6,000円(チケットホルダー付き)
A席:5,000円

バレヱ団ファンクラブ先行発売:6月17日(木)10:00
バレヱ団メール会員先行発売:6月22日(月)10:00
一般発売:6月24日(水)10:00

チケットホルダー付きチケット発売終了:7月20日(月)23:59
チケットホルダー発送:7月25日(木)以降

posted by uno at 11:55| Comment(0) | バレエ日記2020 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月12日

東バ『ドン・キ』、7月→9月に延期。

7月に上演予定の東京バレエ団『ドン・キホーテ』が、9月に延期になりました。スケジュールもキャストもそのまま。指定の振替公演に鑑賞が不可能な場合は、払い戻しもあります。私は『ドン・キ』のチケットは取ってないんですよね〜。延期公演のチケット発売は7月1日(水)。

よく読んだら、払い戻し方法に関するお知らせは9月の公演終了後に出るとのこと。ん? ということは、公演当日までどの席が払い戻されるか、NBSも把握できないということですよね? ということは、払い戻し分のチケットの再販売は行わないということか。だから延期公演のチケット発売日が早いのね〜。公演まで間もないですもんね、、。
延期公演の日程は、スカラ座が東京文化会館を使う予定だったところですね。

■ 東京バレエ団『ドン・キホーテ』全幕

7月18日(土)13:00 川島麻実子、秋元康臣
  → 9月26日(土)13:00 川島麻実子、秋元康臣

7月18日(土)17:00 上野水香、柄本弾
  → 9月26日(土)17:00 上野水香、柄本弾

7月19日(日)14:00 沖香菜子、宮川新大
  → 9月27日(日)14:00 沖香菜子、宮川新大

指揮:ワレリー・オブジャニコフ → 井田勝大
演奏:東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団 → シアターオーケストラトーキョー

会場:東京文化会館

チケット再発売:7月1日(水)10:00

posted by uno at 19:31| Comment(0) | バレエ日記2020 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月11日

ボリショイ・バレエ『白鳥の湖』大阪公演情報/他

フェスティバルホールのサイトに、ボリショイ・バレエ団『白鳥の湖』の公演情報が出ました。チケットの一般発売日は7月4日(土)です。キャストは不明。そういえば、びわ湖ホールの『スパルタクス』の発売日は延期になったまま、まだ新しい情報は出ていないですね。やはり7月以降になるんでしょうか。ボリショイは来日できるのかな、、。そんなこと言ったら、ボリショイよりも早い、9月のBBLや11月のモンテカルロ・バレエも心配ですね、、、。

■ ボリショイ・バレエ『白鳥の湖』 【大阪】

2020年12月5日(土)16:00
会場:フェスティバルホール

SS席:27,000円 BOX席:29,000円
S席:25,000円 A席:21,000円 B席:17,000
C席:13,000 D席:9,000円 E席:7,000円

一般発売:7月4日(土)



東バ『M』のチケットをアッサンブレの先行予約(6月5日)で取りました。神奈川県民ホールの公演では、「原則隣席を空けた座席配置」で販売するとが発表になっていますが、東京公演は通常配置での販売でした。
私はようやく今月から仕事復帰しました。と言っても出勤は通常の3分の1。休業手当は出ますけど、お給料はだいぶマイナスです。自分だけじゃないから、仕方ないですね、、。
posted by uno at 19:45| Comment(0) | バレエ日記2020 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする